太田材木不動産

休日の椅子ワークショップ

杉に触れる時間を

みなさんは杉にどんなイメージを持っていますか?
「杉って花粉のイメージしかない」「和風って感じがする」など様々だと思います。本来、杉は「やわらかくて、あたたかい」木です。それを自分の肌で触れて確かめて知る機会はなかなか無いのではないかと私たちは考えました。じゃあ、実際に杉に触れる機会をつくろう。杉の良さを知ってもらいたい。そんな思いから、椅子づくりワークショップがはじまりました。

使用する材料は越後杉。無垢材なので、切る方向、切る場所によって、木目が違います。だからもちろん、材料に現れる柄は、自分だけの柄です。材料はお選びいただけます。

座面は自分で形を決めて、自分でカットし、加工します。

プロの使う道具を使って作業をします。もちろん使い方もお教えします。

そうして世界にひとつだけの、特別な椅子の完成です。

 

ページの先頭へ戻る